人と比べるから悩みが生まれる

f:id:ado-therapy:20211017205339j:plain

 


世の中には

あの人には悩みなさそう・・

 

 

と思える人がいますよね。

 

 

仕事をバリバリやりながら

子育てと家事もなんなくこなす

 

 

いつも幸せそうな笑顔で

SNSに自撮り写真を更新している

 

 

そんなインフルエンサー

しょっちゅう見かける時代になりました。

 

 

 

奈良県天理市で心理セラピストをしている

ADOです。

 

 

 

それを見て

あなたはどんなふうに感じますか?

 

 

別に

芸能人でも特別な人でもない

一般人がやっているんだから

 

 

わたしにも

きっと出来るはず

 

 

そう思って

今この瞬間も

自分磨きの最中かもしれませんね。

 

 

 

それで

他人のライフスタイルを

うまく真似出来ていますか?

 

 

  

うまく出来ていたらいいけど

 

そうでなかった時に

 

出来ない自分にイラ立ったり

落ち込んだりしていませんか?

 

 

 

そもそも

そのインフルエンサーだって

 

充実しているように見えても

こちらが知らないだけで

 

笑顔の向こうに

人に言えない悩みを

隠しているかもしれませんよ。

 

 

 

キラキラしているからって

幸せとは限らないし

 

キラキラしてないからって

不幸とも限らない。

 

 

それなのに

人のライフスタイルを

真似たくなるのは

 

 

隣の芝が青く見えるのと

 

人が出来ることなら

自分にだって出来るはず

そう思うからですかね。

 

 

 

ただ、

何気なくやっている

その「他人と自分との比較」が

 

「悩みの原因の一番」なのを

ご存じでしたか?

 

 

 

あなたには

出来ることがたくさんあるのに

 

 

他の人には出来て

自分に出来ないことを

わざわざ探してきては

 

自分はダメだ・・と

決めつけていませんか?

 

 

 

たとえば

料理の腕は抜群によいのに

子どもが喜ぶキャラ弁が作れないから

自分はダメ母だと思ったり

 

 

手足がスラリと長く

バランスが取れているのに

 

バストが小さいから

女性としての魅力がない

と自信を喪失したり・・

 

 

これらは、みんな

ちょっとした誤解で

 

見方を変えたら

悩みでもなんでもないのに

 

本人がどうしても

納得しようとしないのです。

 

 

 

それでは、

どのように

この偏った見方を変えたらいいのか。

 

 

 

f:id:ado-therapy:20211018193933j:plain

 


それには、

 

まず

 

「自分は自分、人は人」と

呪文のように唱えましょう。

 

 

何度も繰り返しその言葉を聞いて

脳を納得させるためです。

 

 

人はそれぞれ

違う個性で生まれてくるのだから

 

得意不得意があって

当たり前なのですが

 

それが

わかるようでわからない

 

だから、

わかるまで何度も

脳に言って聞かせてあげるのです。

 

 

 

次に

人がやっていることを

自分もやってみるけど

上手くいかない時には

 

 

これは

「自分の不得意なことじゃないか」と

疑ってみましょう。

 

 

不得意な場合は

ちょっと努力したぐらいで

成果は現れませんから

 

 

何か他に得意なことが

あるかもしれませんよね。

 

 

 

でも、もし

得意でなかったとしても

 

やっていて楽しかったり

やり続けていたいなら

 

自分の気持ちに正直に

取り組んでみる価値はあります。

 

 

 

そもそも

 

自分の「好き」や

「やりたい」を見つけること自体

難しい人がいるのに

 

それが見つかるだけでも

十分幸せなのです。

 

 

努力を続けていたら

 

期待した通りじゃなかったとしても

 

納得のいく答えに

辿り着けると思うので。

 

 

「自分は自分、人は人」

 

そう唱えて

自分の得意なことや

好きなことを

どんどんやってみましょう。

 

 

急な変化より

 

じっくり取り組んで

少しずつ変わっていく

過程を味わった方が

 

人生長く楽しめますよ。

 

 

 

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶

 

     あなたに寄り添い

  解決を見つけるセラピーです。

  お申し込みは下のURLからどうぞ!

 

 http://www.ado-toyoda.work

どうしたら嫉妬がなくなるの?

f:id:ado-therapy:20211015202158j:plain

 


ペットを飼っている人なら

わかると思いますが

 

 

ワンちゃん、猫ちゃん達だって

嫉妬することがあるんですよね。

 

 

ということは

嫉妬って

 

 

高度に見えて

意外と原始的な感情なのです。

 

 

 

奈良県天理市で心理セラピストをしている

ADOです。

 

 

 

嫉妬と言っても

いろんなケースがありますよね。

 

 

恋のライバルに対してだったり

会社の同僚やママ友に対してだったり・・

 

 

でも、

そこには

ひとつの共通項があるはずです。

 

 

 

たぶん

あなたの周りで

 

 

大会社の社長さんや

キラキラの芸能人に嫉妬した

話は聞きませんよね。

 

 

 

そう。

 

自分とはかけ離れた相手に

嫉妬することはないのです。

 

 

 

嫉妬を感じる相手は

もっと身近な

自分とよく似た立場の人に対して

 

 

さらに

突っ込んで言うと

 

 

同じような立場だけど

内心では

自分の方が勝っているはずの相手が

 

 

なぜか、自分より

上手くいった時に感じるのです。

 

 

 

同じようにやっているのに

自分よりいい結果を出したり

賞賛されるのを見ると

 

 

納得がいかなくて

イライラしてくるんですよね。

 

 

 

でも、

ちょっとだけ頭を冷やして

冷静になってみると・・

 

 

 

上手くやっているその人は

 

 

あなたが知らない所で

地道に

努力しているかもしれませんよね。

 

 

 

上手くいくのは

 

 

単なるラッキーというより

行動を積み上げた結果

と考える方が

自然じゃないでしょうか。

 

 

 

 

そもそも嫉妬って

 

自分の頭の中だけの世界で

 

 

相手が知らない所で

自分が勝手に

格付けしたり競争したりする

 

一人相撲なのです。

 

 

 

いや、

一人相撲のうちはまだいいですが

 

 

イライラする気持ちを

持て余して

 

 

周りの人に

その人の悪口でも

言いふらすようになったら最悪です。

 

 

その瞬間から、あなたは

周りから見て

「痛い人」になるのですから。

 

 

 

 

そうなるぐらいなら

 

 

いっそのこと

その人を自分の視界に入れない

努力をした方が

よっぽどマシです。

 

 

それに、

 

 

向こうは

あなたのイライラにさえ

気づいていません。

 

 

向こうは平気なのに

自分だけが

ストレスを溜めるなんて

 

 

損をしているのは

あなたですよね。

 

 

 

***

 

 

そんな

嫉妬でモヤモヤしたときは

 

 

その人が成功したり

いい思いをしていても

 

 

自分には

「なんの損害もない」

と考えましょう。

 

 

 

だって、その人は

あなたから手柄や財産を

奪い取ったわけじゃないでしょ?

 

 

 

自分の人生に

目に見える変化は

なにも起きていないのです。

 

 

ただ、勝手に

頭の中の競争に負けただけ。

 

 

f:id:ado-therapy:20211015202609j:plain

 

 

だから

その妄想を

 

 

もう少し

自分も得するような方向へ

変えていけばいいのです。

 

 

 

あの人と自分が

似たような立場だから・・と

思うなら

 

 

そう思ったけど

本当は違ったんだと

考え直します。

 

 

 

 

なぜ

あの人だけが賞賛されるのかと

思うなら

 

 

そうなる理由があるからだと

認めます。

 

 

自分が賞賛されないのは

それなりの理由があるからで

 

 

それがどうしてなのか

考える機会をもらえたと

思えばいいのです。

 

 

 

 

収入が自分より

多そうに見えるのも

 

 

自分が努力する以外

収入アップできる方法はないので

 

 

それが出来ないなら

「あの人は素晴らしいな」と

素直に認めてしまえばいいです。

 

 

別に

収入が抜かれたからと言って

 

 

それで

あなたの価値が

地に落ちるわけでもないのですから。

 

 

 

人はそれぞれ違って当たり前。

 

 

比較はあまり意味がありません。

 

 

 

それは

薬やサプリメントの効能と同じで

 

 

飲んだからと言って

みんなに

一定の効果が期待できるとは限らない

というのと同じで

 

 

その人には

その人に合った

処方箋があるはずなのです。

 

 

 

だから

物事が上手くいかないときには

 

 

あの人のことは置いといて

 

 

自分自身の問題として

解決策を考えましょう。

 

 

 

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶

 

     あなたに寄り添い

  解決を見つけるセラピーです。

  お申し込みは下のURLからどうぞ!

 

 http://www.ado-toyoda.work

人との距離の取り方

f:id:ado-therapy:20211012180931j:plain

 


仲良くしていた友人から

謂れのない暴言をぶつけられて

ひどく落ち込んでいる

 

 

というご相談がありました。

 

 

 

奈良県天理市で心理セラピストをしている

ADOです。

 

 

 

趣味が一緒で

長いお付き合い。

 

 

ちょっと意見の合わない時もあるけど

一緒にいて楽しいので

 

 

これまでは

趣味のサークル外でも

お茶したり、ランチすることが

あったそうです。

 

 

 

ところが、ある日

たまたまその人の虫の居所が悪かったのか

 

 

ちょっとした意見の食い違いから

瞬間湯沸かし器のように

突然怒り出し

 

 

あろうことか

みんなの見ている前で

暴言を吐かれたというのです。

 

 

 

相談に来られた時のその人は

かなり落ち込んだ様子で

 

 

これから

サークル内で顔を合わせても

 

 

どんな顔をしたらいいのか

 

 

前みたいに

何事もなかったように

話す自信はない、と

顔を曇らせておられました。

 

 

 

ところが

その相談があって

1週間ぶりにお会いしてみると

 

 

 

もうすっかり

立ち直っておられたんですね。

 

 

それは、どうしてだと思います?

 

 

 

私は

気持ちの切り替え方を

お伝えしたのですが

 

 

それが上手くいったと

喜んで頂けて本当によかったです。

 

 

今日は、そのお話をしますね。

 

 

 

ご相談者さんと話していて気づいたのは

 

 

お相手との関係だけでなく

周りを凄く気にされていることでした。

 

 

自分とその人との争いに

周りを巻き込みたくないのと

 

 

なにより

喧嘩している自分を「大人げない」と

思われたくなかったようです。

 

 

だから

 

なんとか和解しようと思うけど、

相手を許す気にもなれない

 

 

その二つの気持ちの間で

揺れ動いていたのです。

 

 

 

 

大人になると

子どもの頃のように

思ったまま行動するのは難しいと

感じる時がありますよね。

 

 

相手と同じレベルになって

怒りをぶつけ合ったら

その時はスッキリするかもしれないけど

 

 

周りからはどう見えるだろう・・と

考えてしまうわけです。

 

 

 

起きたことは忘れて

気持ちを切り替えればいいのは

わかるけど

 

 

どうしたら出来るのかが

わからない

そう仰っていました。

 

 

 

そんなときはですね。

 

 

 

「暴言を吐かれたのは事故だった」

と思うことです。

 

 

自分になんの責任もない

もらい事故だったと割り切るのです。

 

 

 

トラブルが起きた時

そこから自分の悪かった点は何か

学ぶ姿勢も大切ですが

 

 

 

それより優先すべきは

自分の心を守ることなのです。

 

 

反省なら

気持ちが立ち直ってからでも

出来ますから。

 

 

 

f:id:ado-therapy:20211012181317j:plain

 

 


それと

知っておいてほしいのは

 

 

キレやすい人は

自分の心になにか問題を抱えていて

 

 

余裕がないから

 

 

ちょっとしたことでも

攻撃された気になり

防衛本能から攻撃的になる。

 

 

つまり

 

攻撃されたあなたより

可哀そうな人なのです。

 

 

そう考えると

自分が少し上に立ったようで

気持ちにゆとりが持てませんか?

 

 

 

 

それから

 

周りが自分たちに注目している

という自意識を

 

今すぐに捨てることです。

 

 

 

本当のところ

みんな自分のことに精一杯で

人のことに構う余裕はないんですね。

 

 

あなたがそうであるように

 

 

誰と誰が不仲だとか

他人の人間関係にまで関心を持つ人なんて

ごく稀だと思います。

 

 

 

だから、

周りは排除して

 

 

自分と相手だけにフォーカスし

問題をシンプルにしてください。

 

 

 

それから

自分がどうしたいのかを考えます。

 

 

もう前のようには戻れない

というか

戻りたくないと思うなら

 

 

その気持ちを持ったまま

いつも通りに振舞えばいいと思います。

 

 

 

それは

無理して相手に話しかけたり

話の輪に入ろうとする

という意味ではなくて

 

 

その人を

風景のひとつと捉えながら

 

 

他の人たちと

いつも通りに話して

お付き合いするということです。

 

 

 

あなたが

その人のことを

「はれもの」のように感じている間は

 

 

その人が視界の隅に入っても

その人の話題を耳にしても

気になりますよね。

 

 

 

だから

「はれもの」でなくすには

 

 

その人を風景のひとつにして

好きもキライもなくしてしまうことです。

 

 

 

それが出来たら

 

 

自分とは意見の違う個人として

適度な距離を保ちながら

 

 

お付き合いすることだって

出来るようになるでしょう。

 

 

 

ふいに

人間関係のトラブルに巻き込まれた時の

参考にしてみてください。

 

 

 

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶

 

     あなたに寄り添い

  解決を見つけるセラピーです。

  お申し込みは下のURLからどうぞ!

 

 http://www.ado-toyoda.work

 

 

その人になりきってみる

f:id:ado-therapy:20211009175245j:plain

 


俳優・女優というお仕事は

凄いですね。

 

 

膨大な量のセリフを覚えて

その役になりきって演じる。

 

 

そして

観る人に感動を与えるのですから

そう簡単に出来ることじゃありません。

 

 

 

奈良県天理市で心理セラピストをしている

ADOです。

 

 

 

先日

007 No Time To Die

を観に行きました。

 

 

アクションもさることながら

演者たちの鬼気迫る演技に引き込まれ

 

 

あっという間に2時間43分がたち

 

 

エンドロールを観ながら

全身の力が抜けていくのを感じました。

 

 

 

いいお芝居には

 

 

スクリーンの中の出来事が

現実に起こっているんじゃないか、と

錯覚させる力がありますよね。

 

 

 

さすがに

わたしたちが普段の生活で

演じることは

ほとんどないと思いますが

 

 

 

「女性はみな女優」と言われるぐらいですから

 

 

 

知らず知らずなにかを演じていることも

あるのかもしれませんね(笑)

 

 

 

 

よく受ける質問の中に

「気分が落ち込んだ時

どうしたら気持ちが切り替えられますか?」

というのがあります。

 

 

 

そんなとき

簡単に切り替えられる

お勧めの方法は

誰かになりきって演じること。

 

 

 

落ち込んだ状態から脱したいのなら

「明るい人」を演じてみるのです。

 

 

 

明るい人って

どんな感じだっけ?

 

 

それを考えてみてください。

 

 

まず、

口角が少し上がっているかな。

 

 

歩くときは

軽く背筋を伸ばして

視線は前に

足取りも軽く歩いているかな。

 

 

食事は抜いたりせず

ドカ食いもせず

美味しそうに味わって食べるかな。

 

 

 

 

・・・などなど

イメージが湧いたら

今度はその通りに演じてみます。

 

 

 

本当の自分はそうじゃないけど

 

 

明るい人

今悩みのない人なら

きっとこんな感じだろう

 

 

そう思ったらそれになりきってみる。

 

 

 

すると

 

その行動に脳がだまされて

「わたしは明るい人なんだ」と勘違いし

 

 

行動と考えを一致させようとします。

 

 

 

脳はかしこそうでいて

実は、原因と結果を混同する

マヌケなところがあるので

そこを利用してあげるのです。

 

 

 

これは緊張する場面にも使えて

 

 

 

「こんなの余裕」とつぶやいてから

ニッと口角を上げると

 

 

確かに

こんなことぐらいで

人生が終わるわけじゃない

と思えて

緊張が飛んで行きます。

 

 

 

 

だから

今ある感情を変えたかったら

 

 

まず行動を変えて

脳をポジティブに変えていく

 

 

それが手っ取り早いです。

 

 

 

f:id:ado-therapy:20211009175708j:plain

 

 


では、

行動するときのポイントについて

 

 

  • 歩く
  • 表情をつくる
  • 独り言を言う

 

 

この3点で

脳が活性化され

気持ちもポジティブへと変わります。

 

 

 

では

まず、歩き方から

 

 

落ち込んでいる時は

どうしても伏し目になりがち

 

 

でも

気分が上向きの時なら

自然に前を向きますよね。

 

 

だから

視線は前に

肩の力を抜いて

 

 

自分には余裕があると思って

ゆったりと歩いてみましょう。

 

 

 

次に、表情。

 

鏡の前の自分に向かって

大好きな親友がそこにいると思って

微笑みかけてください。

 

 

そんな人はいないと言うなら

 

 

もし、

自分のことを好きな人だったら

どんな表情をするだろう・・と

想像します。

 

 

あなたが自分を好きでなくても

 

 

あなたが思い浮かべる

自分を好きな誰かなら

 

 

きっと愛おしそうに

微笑んでいるはずです。

 

 

想像出来たら

その人になりきって

微笑んでみましょう。

 

 

 

 

そして、独り言。

 

 

つらいことがあった時

あなたならどうしますか?

 

 

自分のせいにして

反省しますか?

 

 

ポジティブな人だったら

どうするでしょうね。

 

 

 

きっと

自分ひとりを責めることは

しないんじゃないでしょうか。

 

 

「大丈夫。そんなのはよくあることだから」と

一般化するか

 

 

「この程度で済んでよかったね。

他の人だったら

もっとひどい結果になってたかもしれないから」と

 

 

自分に都合のいいように

合理化するかもしれません。

 

 

 

 

実は、脳は

こういう自分を肯定する言葉が

聞きたいのです。

 

 

 

だから

あなたが演者になったつもりで

 

 

脳が聞きたい言葉を

くり返し言ってあげると

 

 

 

今度は

それに応えるように

自尊感情が上がってきますから

 

 

ぜひ

実践してみてくださいね。

 

 

 

 🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶

 

     あなたに寄り添い

  解決を見つけるセラピーです。

  お申し込みは下のURLからどうぞ!

 

 http://www.ado-toyoda.work

今ここに集中して

f:id:ado-therapy:20211007212155j:plain

 


ビフォーアフターを見るのって

楽しくありませんか?

 

 

廃屋に手を入れて

小洒落たカフェに変身するのを見たり

 

 

容姿に自信の持てなかった人が

美容整形を受けて

キラキラ輝く人に変身したのを見ると

 

 

その変化に思わず息をのみます。

 

 

 

奈良県天理市で心理セラピストをしている

ADOです。

 

 

 

この場合

工事前や手術前の状態が「過去」。

後の状態が「未来」です。

 

 

 

どんなに過去が冴えなくても

この先には輝かしい未来が待っている

 

 

それが見えると

希望が湧いてきますよね。

 

 

 

でも

過去と未来の間には

知られざる「現在」があるのです。

 

 

それがこの場合で言うと

工事中または手術中のこと。

 

 

 

輝かしい未来へは

多少の努力と痛みを伴う「現在」を

経験しなければ行けないのです。

 

 

 

でも、

痛みを経験するのがイヤな人は

 

 

現実から目を背けたまま

 

 

キラキラした未来だけを

追いかけることを好みます。

 

 

 

ビフォーアフターのように

 

 

過去と未来だけを見て

自分も変わることを夢見るのです。

 

 

 

「これをやるだけで

あなたもこんなふうに変われますよ」

 

 

という宣伝文句は

いつでも

そんな心理をついています。

 

 

 

実際には

宣伝通りに

変われる保証もないのに

誰でもそうなれます!と

謳っておいて

 

 

後から

個人差があります

と便利な言い訳をする

 

 

そういうのが多いですよね。

 

 

 

確かに

未来を悲観するよりは

楽観視する方がいいけど

 

 

この先

何が起こるかもわからない未来を

簡単に確信してしまうと

 

 

 

期待通りにならなかった時

混乱してしまいますよね。

 

 

 

 

反対に

過去のことばかり

話したがる人もいます。

 

 

 

それが過去の栄光であっても

つらい出来事であっても

 

 

そこから心が離れられないようです。

 

 

 

どちらにしても

過去に執着するのは

 

今ここにある現実を

受け入れたくないからで

 

その言い訳を

過去に探しているのです。

 

 

 

こんな時の口癖は

 

「あなたって、どうしてそうなの?」

 

 

また自分に対しては

「なぜあんなことをしたんだろう」

 

・・・

 

 

これらには全て

批判が込められています。

 

 

残念ながら

いくら批判の言葉を投げかけても

 

 

相手や自分をむやみに傷つけるだけで

解決の道筋は見つかりません。

 

 

 

結局

 

過去や未来に執着していても

現状は変わりませんから

 

 

もっと効率よく

現在のことに集中した方がいいのです。

 

 

 

f:id:ado-therapy:20211007212138j:plain

 


心の状態が安定している時

 

 

私たちの脳の中は

現在・過去・未来のバランスが取れているか

 

または

現在が半分以上を占めた状態にあります。

 

 

 

過去や未来ばかりを考えてしまうのは

心の状態が落ちているからなのです。

 

 

だから

落ちているな・・と感じたら

 

 

意識的に

現在のことを考えるようにすればいいのです。

 

 

でも、

それはわかっていても

 

 

脳が勝手に

過去や未来を追いかけてしまうんですよね。

 

 

 

そんなときに

お勧めしたいのが

 

 

文字に書いて

見える化」することです。

 

 

 

まず

紙とペンを用意してくださいね。

 

 

そして

「今私が望んでいることは何か」とか

「今すぐにやるべきことは何か」そう書いて

 

 

その答えを探し

書いていってください。

 

 

 

たとえば

 

やりたいこと・やるべきことが

「仕事についての調べものがしたい」

だったとして

 

 

他にもやるべきことが山積みで

何から手を付けようかと悩んだら

 

 

まず

「やるべきことの優先順位をつける」と

書きます。

 

 

 

それで

調べものは用事が片付いた後で

ゆっくりした方がいいと判断したなら

 

 

「それぞれの用事にかかる時間を配分する」

と書き

 

 

 

それでも、

時間配分通りにはいかないかも、と思ったら

 

 

「何時までに終わらせると決めて

時間内に終わらなかった分は明日に回す」

と書きます。

 

 

そこで時間が来たら

調べものに取りかかることにするのです。

 

 

f:id:ado-therapy:20211007212451j:plain

 


こんなふうに

計画を立てて

その通りに行動していくと

 

 

悩まず

体が勝手に動いて

今ここに集中できるようになります。

 

 

 

頭にいろいろな考えが浮かんで

気持ちが休まらない時には

 

 

こうして見える化することで

「考えること」をお休みできますよね。

 

 

余計なことに気が散らなければ

気持ちにも余裕が出て

心が安定するでしょう。

 

 

 

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶

 

     あなたに寄り添い

  解決を見つけるセラピーです。

  お申し込みは下のURLからどうぞ!

 

 http://www.ado-toyoda.work

 

 

自分で決められない心理

f:id:ado-therapy:20211004204323j:plain

 


人生って

小さな選択の積み重ねです。

 

 

今日はお昼に何を食べようか

というのもそうだし、

 

 

どんな服を着ようか

というのも

 

 

どこのスーパーで何を買おうか

というのも

 

 

全て選択です。

 

 

 

奈良県天理市で心理セラピストをしている

ADOです。

 

 

 

当然

人生の岐路に立つこともあって

 

 

そんなときは

誰だって迷いますよね。

 

 

 

いろいろ考えても

なかなか答えが出せない時

 

 

あなたならどうしますか?

 

 

 

誰か自分より経験値のある人に

相談する

または

自分なりに情報を集めて判断する

 

 

どちらもいいと思います。

 

 

 

ただ、

誰かに相談した後

それをそのまま受け入れるのは

どうでしょう。

 

 

 

それで上手くいったとしても

 

 

人が決めたことなので

その分、満足度は低くなります。

 

 

反対に

上手くいかなかったら

決めた人のせいにしたくなりませんか?

 

 

 

よ~く考えてみると

 

 

自分が本当はどうしたいのか

わかっているんですよね。

 

 

 

それなのに

自分で決めるのを避けたくなるのは

 

 

責任を負いたくないから

 

 

悪い結果になったときの

痛みを感じたくないからです。

 

 

人に判断を任せたら

痛みも人任せにできるから

 

 

そうやって

自分を守ろうとしているのです。

 

 

***

 

あなたも

どこか何かの

グループに所属していると思いますが

 

 

グループの中には

存在感のある人とそうでない人が

いませんか?

 

 

 

存在感のある人は

いろんなことを

積極的に決めていくので

 

 

グループの雰囲気まで

その人で決まります。

 

 

 

それに対して

存在感のない人は

ただ人の決定についていくだけなので

 

 

影響力もなく

 

 

言い方は悪いですが

居てもいなくてもいい存在です。

 

 

***

 

これを自分自身の話に戻すと

 

 

自分で決めたくない人は

自分の存在意識が薄い人なのです。

 

 

 

それは

自分の存在を

ちゃんと認めていないのと同じで

 

 

自尊感情が低いということです。

 

 

 

自尊感情とは

良くも悪くも

「自分の決定」を受け入れる

器の大きさでもあります。

 

 

 

自尊感情

お財布と同じで

 

 

持たないで出歩くと

心細くなるし自由もなくなりますから

 

 

常に携帯したいですね。

 

 

 

自尊感情を育てるなら

 

 

勇気をもって

自分で何でも決めることから

はじめましょう。

 

 

 

f:id:ado-therapy:20211004204741j:plain

 

 


そこで

 

自分で選択するときに

いつも頭をよぎるのは

 

 

後から

選ばなかった選択肢の方が

良かったんじゃないかと

後悔する可能性ですよね。

 

 

 

でも、

一方を選べば

他方は選べないのだから

 

 

結局は

どちらがいいか・・なんてことは

わからないのです。

 

 

 

仮に

失敗だったな・・と思ったとしても

 

 

自分で選んだことなら

いい経験となって

次回に生かすこともできますから

 

 

そういう意味では

どちらに転んでも正解なのです。

 

 

 

そのときは

「あのとき、ああしておけばよかった」とは

言わないようにしてくださいね。

 

 

 

後悔はつきものですが

 

 

過去形で後悔すると

自尊感情が傷ついてしまいます。

 

 

 

こんなときは

「次に同じようなことがあったら

こんなふうにしよう」と

未来形で言います。

 

 

 

この言い方の違いだけで

脳の受け止め方が

ネガティブからポジティブに変わるので

 

 

ぜひ意識してみてくださいね。

 

 

 

それでも

人の意見を聞きたくなった時は

 

 

「これは参考にするだけで

決めるのは自分」

 

 

 

自分に対して前置きしてから

相談します。

 

 

「いつも決定権は自分が握っている」

という意識を忘れないように。

 

 

 

そして、

結果がよかった時は

 

 

全力で喜びましょう!

 

 

自分で決めた結果がいいなんて

本当に素晴らしい!

 

 

 

ただ、その後に

 

相談した人にも

こう言ってあげてください。

 

 

「あなたのアドバイスのおかげで上手くいった! 

ありがとう」

 

 

そう言われたら

その人も自分のことのように嬉しくなって

 

 

これからも応援しようと

思ってくれますから。

 

 

あなたの味方が一人

増えることになるのです。

 

 

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶

 

     あなたに寄り添い

  解決を見つけるセラピーです。

  お申し込みは下のURLからどうぞ!

 

 http://www.ado-toyoda.work

愛される資格ってなんですか?

f:id:ado-therapy:20211002202917j:plain

 


あなたは誰かを好きになるとき

「この人は愛に値する人か」

考えてから

恋愛をはじめるタイプですか?

 

 

 

奈良県天理市で心理セラピストをしている

ADOです。

 

 

 

それが出来るなら

かなり冷静な

心の持ち主なんだと思います。

 

 

でも、

大抵の場合

 

 

条件も何も

精査する前に

好きになっていた

 

 

そんな場合が

ほとんどじゃないでしょうか。

 

 

 

では、

ご自分に対してはどうでしょう?

 

 

無条件に

自分を愛している・・と

言えたらいいですが

 

 

これが意外と

難しかったりしませんか?

 

 

 

なんの取柄もないのに、とか

特に魅力的でもないのに、とか

性格も良くないのに・・とか

 

 

なにかの条件を満たさないと

愛してはいけない、と

考えてしまうのです。

 

 

 

これは、

こういうことですよね。

 

 

未完成な自分を愛してしまったら

それ以上成長できなくなりそうだし

 

 

自分のことを好きだなんて

ナルシストみたいで

人に言うのも恥ずかしい。

 

 

***

 

 

でも、それは

 

 

カッコ良く服を着こなす

モデル体形の人を見て

 

 

わたしも

あんなふうにカッコよく

着こなしたいけど

 

 

あそこまで瘦せるには

厳しい食事制限をしないといけないから

 

 

食べることが好きなわたしには

到底無理! と

 

 

やる前から

諦めてしまっているのと同じで

 

 

 

自分を愛することも

やる前から無理だと諦めてしまうから

 

 

理由をつけて

先延ばしにしているだけなのです。

 

 

 

ありのままの自分を

愛せないのは

 

 

きっと、愛に対する

完璧なイメージがあるからですよね。

 

 

 

では、

もし、親が子に対して

「あなたは完璧ないい子じゃないから

愛しません」

と言ったらどうでしょう?

 

 

それは親のエゴだと

思いませんか。

 

 

完璧でなきゃ愛せないなら

本物の愛とは言えないのです。

 

 

 

だから

愛は完璧なものにしか与えられない

と考えるのをやめましょう。

 

 

***

 

 

自分を愛せない人の心には

 

 

自分を責める

「もう一人の自分」がいるのを

知っていますか?

 

 

 

f:id:ado-therapy:20211002203253j:plain

 

 


その存在は

夜になると活動をはじめ

その日の出来事を掘り返しては

 

 

「どうして、あんなこともできなかったの?」

「あの時、ああしてればよかったのに」と

容赦なく責め立てます。

 

 

だから

1日の終わりになると

気持ちが塞ぎ

自尊感情が落ちていくのです。

 

 

 

やがて、それが

脳の思考回路の一つとなって

 

 

何かを考える時に

あなたを否定的な方向へと導きます。

 

 

長年習慣化するほど

思考回路は固まって

取り外しにくくなるので

 

 

なんとかしないといけませんね。

 

 

そこで

この思考回路の取り外し方を

お話したいと思います。

 

 

 

 

その前に、まず

簡単な脳のしくみから。

 

 

 

脳は

右脳と左脳のふたつの部分に

分かれているんですね。

 

 

それぞれに得意分野が違っていて

 

 

右脳は「直観的な判断」が強く

左脳は「理論的思考」が得意。

 

 

そして、

このふたつを繋いでいるのが

脳りょう。

 

 

 

私たちが物事を考えたり

判断したりする時は

 

 

脳りょうの中の神経が

両脳の間を行ったり来たりしながら

連絡を取り合っています。

 

 

 

ところが

思考が否定的に固まってしまうと

 

 

神経の働きが弱まって

脳間の連絡が悪くなるので

 

 

思考停止が起こるのです。

 

 

こうなると

どうしていいかわからなくなって

苦しいですよね。

 

 

 

だから、そんなときは

 

神経の連絡をよくするように

働きかけます。

 

 

 

脳の両側を動かす

「両側性刺激」を与えるのです。

 

 

・・というと

 

 

なんだか

小難しく聞こえますが

 

 

簡単に言うと

両手、両足を交互に動かして

左右の脳に刺激を送るということ。

 

 

その代表が

ウオーキングです。

 

 

 

ウオーキング

左右の手足を交互に動かしますから

 

 

それと同時に

両側の脳も

交互に刺激を受けるのです。

 

 

これで

固まった思考が緩みはじめます。

 

 

f:id:ado-therapy:20211002203602j:plain

 

 

ウオーキングに行けない時は

 

 

自分を抱きしめるようにして

手のひらで

両腕をポンポンたたくやり方でも

同じ効果が期待できます。

 

 

 

そして

ここにもう一つ

プラスしてほしいのが

 

 

刺激を送りながら

「私は大丈夫」とか

「よくここまで頑張ったと思うよ」とか

「このままでも十分素敵よ」・・というように

 

 

自分を励ます言葉を

言い聞かせてあげること。

 

 

 

これを

1日のどこかで1回取り入れると

 

 

だんだん気持ちが緩んできて

「自分はこのままでいいんだ」と

思えるようになります。

 

 

 

特につらい体験をした後は

積極的に取り入れてみてください。

 

 

これまでのように

自分を否定する習慣から

 

 

1日も早く卒業できますように。

 

 

 

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶

 

     あなたに寄り添い

  解決を見つけるセラピーです。

  お申し込みは下のURLからどうぞ!

 

 http://www.ado-toyoda.work